手作り

「ビストロ ボントレ (BISTRO BON TORE)」はできるものは全て「手作り」で
料理を仕上げ日々美味しいお料理をみなさまにお届けしております。
洋食屋を営む家で生まれ育ち、フランスの星付きレストランで修業をしてきた店主が
出来合いのものを一切使わず一つ一つ丁寧に料理を作り上げています。
生ハム、スモークサーモン、カレーのルー、ピクルス、タルタルソース
これら、お店でお出ししているものはすべて「手作り」。
食材にこだわり手間を惜しまず作った料理をなるべく「リーズナブル」に提供する事にこだわりを持ち
高級店ではなく、家族でも気軽に来ていただける価格設定とメニュー構成にしております。

心から美味しいと感じてもらえる料理を楽しんでほしい。

毎日、そんな気持ちで一つ一つ料理をお作りしています。
「ビストロ ボントレ」で、美味しい時間を過ごしてください。

洋食屋

店主のルーツを探る

初めまして!ビストロ ボントレ店主の倉島です。
私は洋食屋の次男として生まれ、幼いころからクラシックな父親の洋食の味に慣れ親しんできました。 父の料理はすべてが手作りで、デミグラスも一週間、カレーは2日、ホワイトソースは5時間という徹底ぶり。 すべて一人でこなす父の背中を、幼いころからかっこよく思っていました。 母親もまた料理好きで、お店を切り盛りしながら、空いた時間で出汁から味噌汁を作ったり骨から炊いておでんを作ったりしてくれていました。 今思うと本当に大変だったでしょう。 しかし、僕らのことを考え、大変でもいつも食卓にはたっぷりのおかずが並び、 どれも美味しかったことを良く覚えています。
そんな、愛情たっぷりの料理と、本格洋食という、 レトルトや冷凍食品とは無縁の子供時代を過ごし小学生にはもう、料理人を夢見て、 そして現在に至ります。
修行は東京、フランス、そして実家で料理長を経験させてもらいました。 フランスでの修業時代、鶏の毛をむしったり、ウサギの皮をはいだりするところから 料理人が携わりその骨や血でソースを作るという過程には感銘を受けました。
ビストロ ボントレの「すべてが手作り」というこだわりはこの子供時代と、 フランス修業時代から生まれました。自分の中で培われてきた手作りの精神、 魅力を最大限に生かし皆様が来店しやすい、リーズナブルで敷居の低いながらも クオリティーの高いお店を目指しています。

店主 倉島秀典店主 倉島秀典

食材にこだわる

ビストロ ボントレでお出ししているハンバーグはすべて和牛を使っています。
そのままステーキで食べられるバラ肉、煮込んで使えるもも肉など、
本当に美味しい部位を丸ごと使っています。

さらに、ハンバーグのミンチも業者さんに任せるのではなく、
届いた部位や季節により脂の量を調節し、
自店でバランスよくミンチにするというこだわりよう。
特別なルートから魂で仕入れ、手間暇をかけるからこそ、
この食材がこの価格で味わえるのは当店の大きな強みです。

ハンバーグに使われている

和牛

オーナーと肉屋さん

とことん手作り

とことん手作り

だから格別のおいしさ

手ゴネ

自慢の「溶岩肉巻きハンバーグ」をはじめ、
一から手作りで仕上げるお料理の数々。
例えばハンバーグで使用する牛肉は
赤身と脂身のバランスを考えて塊肉で仕入れて、
店内でミンチにしています。

自家製デミグラスソース

デミグラスソースの鍋

そして、濃厚なデミグラスソースも
一から作っています。
牛すじ、豚足、野菜などを丸2日間煮込み
つなぎなどを使わず豚足を使う事で
自然ととろみをつけた
自慢のデミグラスソースは
深い旨味の宝庫です。

手作り洋食メニュー

オムライス

ビストロ ボントレのメニュー

最上部へ