福山市の溶岩ハンバーグと大人のお子様ランチのお店


 

ビストロ ボントレ

思い起こせば子供の頃、実家の茨城県牛久市で洋食店を営む両親の姿を、
厨房の片隅からのぞき込んでは、父と母がお客さんと楽しそうに
会話をしている姿を今でもはっきりと覚えています。
自然と私も料理に興味を持つようになり、中学生の頃には、「高校に行かないで、
料理人になるんだ!」 と駄々をこねた時期もありました。このころはまだ、
勉強したくなかったのも半分以上ありましたけどね。
結局子供の駄々は却下され高校を卒業し、東京の専門学校を経て、まずは都内渋谷の
高級フレンチレストランに就職。毎朝6時には電車に揺られ、帰る頃には1時すぎという
過酷な毎日を過ごしました。しかし、ここでの経験が今の私の基礎となっていことは間違いありません。それから渡仏し、エッフェル塔近くの有名ビストロ、老舗の二つ星のお店2店舗で働き、帰国後、実家で洋食料理 の経験を積んできました。フランスでの経験は今でも強烈に焼き付いていて、レストランの何とも いえない格好良さ、ビストロの声を張り上げないと会話が出来ないくらいの賑やかさ、お店全体が 一体となって楽しんでいる姿がはっきりと思い出されます。
この経験を活かし、ほかでは味わえないような洋食料理を追求しております。
また、外食とは一番身近なアミューズメントと捉え、笑顔を作り出せるサービスを
目指し、「ご来店頂いたすべてのお客様を笑顔にする!」という目標のもと、突き進んでいます。

 


人として成長できる企業へ (2011年03月04日)

「凡事徹底」という言葉をご存知ですか?これは一郎選手が大切にしている言葉の一つで、 「当たり前のことを徹底的にほかに真似できないくらいにやる」という事です。 これは成功を収めている企業や人が最も取り組んでいることなのでは [...]